腸に届け乳酸気|サプリで身体の内側から健康を守る

効果と摂取のタイミング

アセトアルデヒドの処理

woman

ストレス社会と言われている現在では、仕事帰りや寝る前などにお酒を飲んでストレスを発散する人が増えています。お酒を飲むと体内でアセトアルデヒドという物質が作られるようになるのですが、これには毒性があります。お酒を飲みすぎることで気分が悪くなったりすることがあるのは、そのためです。 そのため肝臓は、このアセトアルデヒドを処理することで、体に害が及ぶことを防いでいます。しかし頻繁にアセトアルデヒドが作られることで、肝臓は徐々に疲れ、うまく働くことができなくなってきます。 そのため多くの人が、オルニチンを健康食品などによって摂取しています。オルニチンを摂取すると、アセトアルデヒドの処理がおこなわれやすくなり、その分体への害が防がれやすくなるのです。 ストレス社会が続く限り、オルニチンの需要は高まり続けると予想されています。

飲酒の前後や就寝前

アセトアルデヒドはお酒を飲むことで作られるようになるので、オルニチンの摂取は飲酒の前後が適していると言えます。そうすることで、作られたアセトアルデヒドが、体に悪影響を与える前にスピーディに処理されるようになるのです。 また、肝臓はコレステロールも処理しているので、コレステロールが多く含まれている食べ物を食べると、肝臓が多く働くことになります。するとその分、アセトアルデヒドの処理に費やすパワーが不足しがちになります。そのためオルニチンは、食後に摂取することも有効と言えます。パワー不足で処理されにくくなったアセトアルデヒドを、オルニチンで処理するわけです。 さらに、就寝前に摂取することも効果的とされています。そうすることで、寝ている間に肝臓がゆっくりと休めるようになり、翌日には再びしっかりと働くことができるようになるのです。

Copyright © 2015 腸に届け乳酸気|サプリで身体の内側から健康を守る All Rights Reserved.